JOB

評判が高いランスタッド|就職先を即発見するためのコツ

  1. ホーム
  2. 営業職の転職

営業職の転職

チラシを持つ人

転職をする時に今、最もアピールポイントになるのがマーケティングの知識です。デジタルマーケティングの経験があれば、それもなおアピールポイントになります。やはり、ただ営業経験があるだけでは、本当に会社の中できちんとやっていってくれるのか不明瞭です。そのため、営業力以外の知識があることを強調すれば、営業経験とあわせて高い評価を受けることがあります。そのほかにも、顧客目線に立って考えようとする営業はどの企業も求めている人材です。

事務職の転職について書いていきます。事務職は求人数が営業職に比べていけをとらない程多いです。その募集の背景としては次の2つが挙げられます。1つは欠員補充です。女性の場合であれば、結婚や出産によって退職することがあります。そのように中途退職で欠員が出たときにその埋め合わせのために、補充しようとして募集を出します。これが1つ目の理由です。2つ目は通年採用です。これは、優秀な人材がいれば採用したいという企業の意向が要因です。このような通年採用はどのような企業も行っていますが、欠員補充のときよりも採用のハードルは高いものになっています。こうした事務職の募集で注意すべきことは、大量募集をしている企業は少ないということです。どの企業も1、2名の募集枠で通年採用を行っているというのが実態です。その結果として、求人数が非常に多くなっているのです。転職活動中の人はこうしたことにも注意しておいてください。